本文へスキップ

2級建築施工管理技士の資格取得を目指すサイト

ブロック建築技能士/建築施工管理技士

建築施工管理技士

ブロック建築技能士EADLINE

試験の特色


日本の住宅地では、コンクリートブロックを積んだ塀がよく使われ、見慣れた光景となっている。
 
しかし、一般にコンクリートブロックを単に組み積みした組積造は、地震や台風などの影響を受けやすい日本においては、建築物として十分な耐久力を期待できない。

これは、阪神大震災をはじめ、頻発する日本の地震被害現場の報道などで、積み木のように崩れたブロック塀が見かけられるように、よく知られるとおりである。
 
そのため、これを鉄筋で補強して耐力塀としなければ、建築物の構造体として機能しないものとなってしまう。

検定は、この補強コンクリートブロック工事の施工に必要な技能を対象としたものである。

試験情報


試験形式: 1級と2級、3級があり、それぞれ学科試験と実技試験が実施される。
学科試験: 1、2級とも、建築構造、施工法、材料、製図、関係法規、安全衛生など。
実技試験: 1級では補強コンクリートブロック造の平屋建住宅の耐力壁の取合い部、開口部及びまぐさの一部分を施工する。
 2級では、コンクリートブロック塀の隅切り部のブロック工事を行う。