本文へスキップ

2級建築施工管理技士の資格取得を目指すサイト

建築板金技能士/建築施工管理技士

建築施工管理技士

建築板金技能士EADLINE

試験の特色


検定は、住宅をはじめとした建築物にかかる板金工事を対象に行われるもの。

昭和57年度より内外装板金とダクト板金の2作業に分かれて実施されている。

試験情報


試験形式: 1級、2級、3級がある。
学科試験: 共通科目は加工法、機械及び器工具、材料力学、建築構造、製図、電気、安全衛生など。専門科目は、施工設備、関連工事などについて出題される。
実技試験: (1)内外装板金作業=屋根、雨どい、壁・天井工事及び飾り金物の製作、取付けを行う。具体的には板金工具・ハンダ付け工具を使って、落し口のついた谷どい状の製品を製作する(1級)。落し口のついた角どい状の製品を製作する(2級)。落とし口のついたホッパーを製作する(3級)
(2)ダクト板金作業=ダクト、ダクト関連設備の製作、取付けを行う。具体的には、溶融亜鉛めっき鋼板を加工して、長方形の曲りダクトに長円形の短管を取り付けた製品を製作する(1級)。溶融亜鉛めっき鋼板を加工して、正方形の曲りダクトに円形の短管を取り付けた製品を製作する(2級)。